★公務員試験の併願受験は日程・出題内容・主題レベルを確認することが重要です!★

公務員試験の日程は、早い段階から人事院などで公開されているので、早い段階から確認して対策に充てることが重要です。公務員試験を受験する人の多くは一つの試験だけでなく、地方公務員など他の職種も受験すると思うので日程が重ならないよう注意する必要があります。たとえば、市役所であれば同一都道府県内であっても試験日程が異なることがあるので併願受験をぜひおすすめします。さらに、国家公務員でも職種によって試験日が異なっているため、できる限り併願受験を行って公務員試験合格の可能性を高めましょう。さらに、併願受験を目指す際は試験日程だけでなく一次試験の出題内容をしっかりと把握することが重要です。たとえば、外務省専門職員と国税専門官では試験日は異なっているので併願は可能ですが、前者は法律系科目中心の出題で、後者は経済系科目中心の出題となるため、併願するためには莫大な科目と学習領域を勉強する必要がでてきて非効率となります。したがって、国家一般職と地方上級など出題傾向が似通っている試験を併願するほうが効率良く対策が行え、合格する可能性もその分高くなります。したがって、公務員試験の日程を早い段階から確認すると同時に、どの職種でどんな出題がなされているかを確認することが、効率良く公務員試験合格を勝ち取れる方法となります。そして、最後に併願受験で重要なのは出題レベルで選ぶことです。試験日程が異なり、出題内容が同じでも難易度がかけ離れていたら合格できる可能性も下がってしまいます。しがって、公務員試験を併願する際は出題難易度が同じ程度か、または滑り止めとして難易度が低い職種を受けるほうが合格できる可能性が高くなります。以上のように併願受験をする際は、日程と出題内容と難易度について事前に確認しておくことが重要です。

公務員試験 日程はコチラ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です